保険が適用される美顔器治療について

あなたのシミは保険が使えるかも知れません


シミに対する美顔器のレーザー治療は通常は保険の適用外になります。
シミは美容に関する施術に当てはまるため、病気の治療という扱いにはならないからです。
そのため酷いシミが出来ていても、健康保険が適用されないと思って治療を受けない人がいます。
美容の施術ではありませんが、ここでは保険適用が可能な治療扱いの美顔器施術について言及したいと思います。

保険が適用されるレーザー治療

美顔器によるレーザー治療が保険適用で受けられるのは、下記の深刻なシミ(アザ)に対するものです。

太田母斑

顔の半分にのみシミができる症状。
シミと言うよりアザに近く、目の周りや頬などに斑が現れる。
ターンオーバーで自然に消えることはなく、根治にはレーザー治療による施術が必要。
治療によりキレイに消えることが多い。

扁平母斑

台形のように平面がくっきり色が変わってしまうシミの症状。
教会がハッキリしているのが特徴で、こちらもアザの扱いとなり、保険適用の対象となる。
顔に出来る確率よりも、体の一部に出来る確率の方が高く、生まれつき蒙古斑のようにできている人もいる。
治る確率が低いため、あまりおすすめはできないが、同一部位に2回までは美顔器でのレーザー治療が可能なので、施術は一考の価値がある。お医者様に相談してください。

あなたのはただのシミ?治療が必要なアザ?

その他にも異所性蒙古斑、外傷性刺青(色素沈着)などがレーザー治療の対象となります。
残念ながらソバカス(雀卵斑)や老人性色素斑については、保険の適用可能性は薄い。
どれもが生まれつきできているシミなのだが、治療が必要なアザとしては認められないからである。

皮膚科でセカンド・オピニオンを聞いてこよう

我々にとってはそのシミが保険が適用されるアザなのか、ただのシミなのかはお医者様の判断によるしかない。
病院によって判断も変わる可能性があるため、もしも可能であれば、複数の美容皮膚科や医療外科に通って、セカンド・オピニオンを取るようにしたい。
たとえ治療対象と診断されても、健康保険が適用される回数などの判断が変わってくる場合もありえるからである。
また支払い時にトラブルにならないように、治療前にきちんと金額や保険適用の可否について再度確認することも必要だろう。

このように可能性としては少ないものの美顔器での治療には、保険適用の可能性がある。
すぐに簡単に諦めないでまずは皮膚科で相談するようにして欲しい。
今回の記事は「美顔器口コミランキング」の掲載記事を参考にさせていただきました。感謝申し上げます。