しつこいニキビにクリアタッチ

美容皮膚科の標準ニキビ治療


赤黒く炎症を起こしたニキビの治療に使われるレーザー美顔器をご存知ですか?
クリアタッチと呼ばれるこの美容機器は、お医者様の指導の下でしか利用が出来ません。
しかしニキビへの治療効果が高く、コストパフォーマンスが高いことから、美容皮膚科の標準治療となっています。
機器が設置してある美容皮膚科はそれほど多くありませんが、しつこいにきびには確実に効果を発揮するとされます。

クリアタッチの施術について

クリアタッチの施術は、具体的には複数回のレーザー照射と自宅での専用ニキビ治療薬によるスキンケアの組み合わせで行われます。
レーザー照射は平均週に1回~2回とされており、皮膚のターンオーバーを促すために、間隔を十分空けて行われます。
レーザー照射は2ヶ月以上の長期にわたって行われるため、合計8~10回を1クールとしています。
施術は業務用の美容機器(クリアタッチ)を用いて行われますが、これはレーザー光の波長と熱の波長を同時に患部に照射することで、アクネ菌を殺菌し、ニキビを元から治療するものです。
利用されるレーザー光は波長430~580ナノメートルの青~緑色光、そして波長660nm付近の赤色光の2つです。
特に赤色光は患部の赤みや炎症に有効で、ニキビ跡の治療にも活躍します。
またメラニン色素にも作用するため、シミやソバカスを薄くする効果も期待できます。

外用レチノイドやビタミンC誘導体を併用

患部は頬やおでこ、あご周りだけでなく、あらゆる場所に応用が可能。
背中ニキビやデコルテに出来る胸元のニキビなどにも利用できます。
通常、1クールが終わってからは様子を見るために、通常よりも長い2週間以上の間隔を空けます。
これは皮膚のターンオーバーを待って、次のクールに移るため。
自宅で利用されるビタミンC誘導体を配合した化粧水や外用レチノイドの薬効も高いため、その降下は折紙付き。
ニキビの口コミを見ても、1クール目の治療終了後の時点で、多くの患者さんが効果を実感されていることがわかります。

イオン導入器よりも効果は大きい

レーザー美顔器であるクリアタッチはニキビの元となるアクネ菌を元から殺すために、治療効果が高く、これまでのイオン導入器治療では治らなかったしつこいニキビやニキビ跡に有効だとされています。
半年間2クールまで治療を受けた場合の完治率は高く、再発率の低さも特筆ものです。
しつこいニキビに悩まれている方は、是非一度、メディカル・エステに御相談下さい。